Top > ドライバーで飛距離が出ない、上がらないときの原因と対策

ドライバーで飛距離が出ない、上がらないときの原因と対策

ゴルフの醍醐味はドライバーの飛距離がでて、なおかつ真っすぐ飛んでスコアが良いのは誰しも同じです。ドライバーの飛距離がでず、二打目以降の距離が残りなかなかパーオンしないことはないでしょうか。また年齢で飛距離が落ちてゆくのを当然と諦めているアマチュアゴルファーもたくさんいらっしゃいます。

 

今のドライバーの飛距離を少しだけでも伸ばしたい、これは誰しも思う感情です。

そう思い新しいドライバーがでると飛ぶんではないか、またゴルフショップの店員から聞く『これは飛んで今人気ですね』と聞くとそれが頭から離れなかったことはないでしょうか。

ラウンド仲間がそのドライバーを購入していたら、うらやましく思ったことはないでしょうか。

 

今回はお手持ちのドライバーで少しでも飛距離を伸ばし、また高弾道へと変化させるためのヒントになれば幸いです。

 

・ドライバーの構え方

・飛距離をだすためのスイング

・弾道を高くして距離を稼ぐ

 

【ドライバーの構え方】

 

ドライバーを構える際のポイントは

後方より落下地点を見る

ボールと落下地点を結び、ボールの近くに目標を見つける

 

ナイスショットをしたとしても構えている方向がずれていると、OBにぶち込んでしまうことになります。また上級者より構えている方向が違うと指摘されたことはないでしょうか。そのミスを少しでも防止したいものです。またパットだけではなくボールに描いたラインを合わすことも対策として良いことです。

 

ドライバーショットのアドレスは

ティーアップした線上に気をつけの姿勢で立つ

右足を肩幅の広さに広げる

先程の目標地点の上方を見る

左目でボールの左側を見る

 

これでセットアップ完了です。③の目標地点の上方を見ることで左肩が開くことを防ぎます。右肩を開いてアドレスするとそのままインパクトを向かえ、スライスの要因となりますので注意してください。

 

 

【飛距離をだすためのスイング】

テイクバック軌道をまっすぐ後方に20㎝~30㎝あげる

右足の膝を狙ってグリップの先が向くようにダウンスイングをおこなう

インパクト時に左肩の開きを抑える

フィニッシュまで振り抜く

 

これを実践するだけで飛距離がでるようになります。

テイクバック軌道がインサイドに引け、すぐにトップに上がる方を多く見受けます。その際重要なのが左手を真っすぐ伸ばしてテイクバックするように心がけてください。

 

なぜ左手を伸ばすことが重要であるか、それによりヘッドが描くアークを大きくすることにより飛距離を最大化にする狙いがあります。スイングアークが大きくなるとヘッドスピードが上がります。ヘッドスピードを上げようと早く振り、腰を傷めたり、大スライスになることがありませんか。そのため静かに振る、また70%程度の力でドライバーをスイングしないとどこに行くかわからないなどの声をよく聞きます。

 

次にスイングアークの軸を中心ではなく右半身で行うようにしましょう。決して体幹を右に移動(スエー)しろとは言っていません。どうしてもアマチュアの多くは、インパクトを向かえる中心より左側に意識が行きやすいスイングになりがちです。インパクトの瞬間に左肩が開けることにより、スライス、力ない弾道になり飛距離ロスを招いているケースが多く見受けられます。

 

左肩の開きを抑えるためにも右半身で仕事をするつもりでテイクバックしてください。一人で練習場において真っすぐテイクバックすることは確認できませんよね。それには手っ取り早い練習方法があります。

 

ティーアップした後方にキャディーバックを置いてください。右目で見える位置でヘッドが当たらない場所にセットします。キャディーバックにぶつける感覚でテイクバックを行ってください。いかにインサイド軌道でテイクバックが始まっているかが分かります。コースで他の方がいる場合は、野球のキャッチャーの位置でヘッドを真後ろに引っ張ってもらってください。アウトサイドに上がっている感覚になりますが、それが真っすぐ後方なのです。

 

この感覚を身に付けて、常に意識するようにテイクバックを起動させます。

 

真っすぐ後方に上げたヘッドをトップまで持って行きます。その際左腕を真っすぐ伸ばすことを心がけてください。前述のスイングアークを大きくすることで飛距離の最大化を図ります。左腕が曲がりながら右耳近くでトップを終えている光景を良く目にしますが、これでは飛距離を相当ロスすることになります。

 

また女子プロの左肩がファウンデーションで汚れているシーンをTV中継で見たことはないですか。これは左腕を真っすぐ伸ばし左肩があごの下に擦れている、また当たっている証拠です。女子プロは男性より上背はないものの体全体を使い飛距離の最大化を図っているのです。

ダウンンスイングですが右足膝にコックを落としてくる感覚に変えてみてください。どうしてもティーアップしているボールにヘッドを当てることに気を取られ、状態が前に突っ込む傾向が見受けられます。これでは

〇ボールが上がらない

〇スライスになる

〇力強い球が打てない

になります。

また状態が左足に移ると左肩が開いてインパクトを向かえるため、力のない飛距離がでない弾道になる原因となります。ヘッドスピード上げるためには右足体重振る感覚にし、ヘッドを走らすことが重要です。

 

直し方は練習時に右足を少し後方に引いて打つ練習により、左肩の開きを抑えることが重要です。球が上がらない、スライスすることは状態が左足に突っ込んでいる要因と感じ、右足体重に意識を変えるよう心掛けましょう。

 

インパクトを向かえボールを捉えたあとは、フィニッシュまで振りに抜くようにします。最後までヘッドを走らすことを意識しましょう。

 

但し女性に多く見かけられるのが、フニッシュを意識するばかり左体重に移動、ヘッドアップ、右肩が開く、すべて悪いことが重なりボールが飛ばない、上がらないことがあります。ひどいときは空振りすることがありませんか。

 

最初に教わったときにフィニッシュをしっかりとるようにと言われ、頭の中で『フィニッシュ』『フィニッシュ』の意識が高すぎると考えれられます。悪いことでは決してありませんので、インパクトを終えたあとにフニッシュまで振り抜くことようにしましょう。

 

【弾道を高くして距離を稼ぐ】

インパクト時にドライバーはアッパーブローで捉えることにより高弾道になります。

アマチュアはセットアップ時にヘッドより少しボールがでるくらいが、低弾道を直す方法です。

 

前述で右足での体幹を感じて欲しい話をしました。

ヘッドが最下点に達するのは、体の中心になります。そこからアッパー軌道になってゆきボールを捉えることができれば高弾道、飛距離をだすことが可能になります。

 

ボールセットが異常に低い方も見受けます。高いとどこにあたるかわからない、アイアン感覚で打ちたいなどの話を聞きます。プロのように最下点から地面すれすれでアッパーブローに軌道を描けば良いのですが、ダウンプローに入るとスピン量が多くなり、高弾道に打ち出されますが飛距離が出ない要因になります。またアゲインスト時には風の影響を受け、飛距離をロスする要因になります。

 

アッパーブローに捉えたあとは、今度は右腕を伸ばすようにしテイクバックと同様にスイングアークを大きくするように心掛けましょう。

 

腕がバネのように伸びることは絶対にないので、少しインパクトで右腕を伸ばす、押し込む意識をもち、その後フィニッシュまで持って行きます。

 

【まとめ】

練習場での打ち込みを実践してください。いくつか注意点を述べましたが、一つずつ身に付け高弾道、高飛距離がでるよう目指してください。年齢による飛距離が落ちたと諦める前に少しの心がけで飛距離アップを身に付けてみましょう。

ゴルフ100切りを目指す

 

関連エントリー