Top > 妊活 > 妊活と産み分け、どっちを重視する?

妊活と産み分け、どっちを重視する?

近いうちに男女産み分けに入っていく女性が行うべきことは何よりもまず体の調子を整えて母となる準備をすることですね。

常日頃からの動作の繰り返しによって体に歪みが生じますが、特に骨盤に顕著にみられます。

歪みがあることが不妊の一因となっている可能性もあるのです。

 

整体院の中では不妊やマタニティに特化した治療院も増加しています。

 

赤ちゃんが安心して過ごせるようにするためにも定期的に骨盤矯正を行って、適正な位置に戻すのがやっぱり安心。

 

 

産婦人科の受信について

夫婦そろって本気で産み分けをしようとする場合、なにより先に産婦人科で検査をしておきましょう。

 

こうすれば、持と持と妊娠しやすい体なのか、問題がないのかなどが早い段階で発見し、早めの処置や対策をとれるので、男女産み分けをお考えのご夫婦は、ぜひ不妊検査を受けてちょーだい。

 

しっかりとした検査を受けておけば、安心して男女産み分けに臨めますし、授かった赤ちゃんの健康にも影響しますから、ご夫婦で検査を受けるようにしましょう。

 

 

近年、少子化が進むにつれ、男の子か女の子かの産み分けをおこないたいという夫婦も多くなっているようですが、日本の医療技術において、今のところ確実な産み分け方法は明らかにされていません。

 

沿ういったことはよく分かっており、それにもかかわらず、挑戦してみたいという事であれば、後述の方法をやってみてちょーだい。

 

 

 

それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、子創りを行うという方法により、実現できるかも知れません。妊娠と出産は、当然ながら夫婦の共同作業によって持たらされる結果です。

 

ということは、男性の協力が男女産み分けにおいては大きなウェイトを占めているということです。

コドモを産むのは女性だからといって、一歩間違うと女性が頑張るしかないと思う方も中にはいるかも知れないですが、男性も一丸となって取り組まないと、産み分けが成功する確率は低下してしまいます。

 

女の子の産み分けに下記のサイトにかなり詳しく書いてあります。

産み分けで女の子を生む最も確実な方法は?

(女の子に特化しているというより、産み分け自体の理論ややり方について詳細が載ってますので参考になると思います。)

 

 

2人目妊娠を気長に待ち続けて気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、自分または主人の健康状態が大丈夫なのか心配になりました。

最初の子をしっかりと育てるためにも長生きする必要がありますし、この際だから洗いざらい調べてもらい、問題なしであれば男女産み分けに入りましょうと夫婦間で合意したのですが、よくよく考えるとこの時の話し合いが男女産み分けを決めた瞬間になります。

 

不妊症が分かって男女産み分けに入っていくケースでは、男女産み分け活動が長くなってくると、精神的に疲れてしまいます。ですので、あらかじめ期間を決めておいて、夫婦でとにかく一丸となって取り組もうという形で最初に決めておくことが理想的かも知れません。

 

 

期間を定めておくことによって、2人で熟慮して結論を導いたことだから諦めずに取り組もうという前向きな気持ちが続くでしょう。

 

ナカナカ妊娠につながらないと、心も体もすり減ってきます。生殖機能というものはストレスによって弱くなってしまいるのでその通り継続しても負の連鎖となる恐れもあります。

なので、思い切って産み分けの活動を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。

 

本当に、止めてから自然と妊娠できたという人は少なくありません。

ご自身の年齢や、医師と相談の上、一旦休むことも考えてみてはどうでしょうか。

 

 

冷え性と妊娠力

殆どの女性が、「自分が冷え性だ」と自覚しているというデータがあります。

 

男女産み分け中の冷えは厳禁で、この様な冷えから体を守ることも、産み分けにおいて最も重要なことの一つです。

 

 

そこで、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。

 

 

これらを使ったことで妊娠出来たという人も多く、簡便な方法であるにもかかわらず効果もある産み分けだと思われます。

 

 

 

体の冷えは多くの女性が悩んでいるものですが、男女産み分け中の方にかなり体を冷やすことは最も避けたいものの一つでしょう。

 

冷える事は血行不良に繋がりますから、妊娠に重要な器官のはたらきを低下させるおそれがあるからです。

 

冷えは男女産み分けの大敵なので、冷えを感じるようであれば、ソックスを活用して気軽に実施できる「冷えとり健康法」を行うなど、体を温めながら、冷え性を改善するようにするのがおススメです。

 

 

今現在、男女産み分け真っ只中という人はなるべく早く赤ちゃんを授かることを望まれていることでしょう。

 

毎朝、基礎体温を記録したり、体を冷やさないようにするといった基本的によくされていることは「とっくにやっているよ」と言われるかも知れません。

 

風水でいわれているのは、沢山の実を実らせるザクロの絵をとりワケ寝室の北側に飾ると、妊娠するには良いとされています。

 

 

出来れば寝室自体も北にした方がますます効果的だということです。漢方を男女産み分けのために服用する人も多くいます。

 

漢方の服用により体質改善が期待され、妊娠しやすい体を造るのに役たちます。

 

 

 

ここ最近ではドラッグストアでも買うことができ、どなたでも手に入れることが出来ます。お金が気になる方は、不妊治療のために漢方薬を取り扱っているような病院に行ってみましょう。

 

診察を受ける必要がありますが、保険を使った支払いとなります。

 

 

布ナプキンの効能

布ナプキンをご存知でしょうか。

 

布ナプキンと言って連想されることといえば使用後の洗濯が面倒、漏れ沿うに感じる等、使用に踏み切れないという方も多いです。

 

しかしながら、布ナプキンというものは下着と同じで、布でできていますから、生理の不快な症状が軽減し、また冷えにくいです。

 

このことから、生理中のストレスが改善され、体の冷えを防止するという男女産み分けをされている女性には最も重要な子宮内の環境を改善させるのに効果的です。

 

 

積極的に果物を食べるようにすることは、男女産み分け中の体にも良い効果が期待できます。

 

でも、どうせ食べるのなら、より産み分けのためになるような果物の摂取ができたら一番よいのではないでしょうか。

 

ご存知の方も居るかも知れませんが、果物の種類によっては冷え性の改善が期待できるものがあります。

 

 

具体的には、さくらんぼとかりんご、ぶどうにオレンジ、桃などの果物が当てはまるのですが、生の状態でももちろん、加工されたドライフルーツでも良いなので、ぜひ積極的に摂取してみてくださいね!

妊活

関連エントリー
妊活と産み分け、どっちを重視する?